2017年2月28日

営業で転職

IT業界で、営業をして10年以上経ちます。一応、技術者の経験もあったりして、それはそれで重宝がられたりしてました。転職も多くて、現在6社目の会社です。いろんな会社を見た気がしています。
単価の高い技術者の特定派遣(法律が変わって、この言葉はなくなりましたが)を行う会社にいたりして何年か採用という立場でIT業界や製造・設計の業界を見たりもしました。

ITも業務系から、インフラ系、CAD・CAEなどの営業をしました。チャネルも直販も経験しました。パートナー開拓側にも居ましたし、自分が代理店だったこともあります。

まぁ、生きていればそれなりに経験はしますよね。仕事が出来ない時期もあったり、プライベートと仕事を死ぬほど考え抜かないといけないときもあったりして。みんな順風満帆ではないですね。

そんな中、今の6社目の会社で営業をしています。

社内を見てみる

それにしても、旧態依然という会社は大きさに関わらずあるんだなと、痛感しています。今の会社のことです。個人的には、呆れたり嫌になったり、ってことはないですが、営業の現場をみてプロセスを掘り下げてみると驚くことが多い会社でした。

案件はプライムベンダーとして請け負うことにこだわり、組織的にも技術が圧倒的に強く、営業はおまけみたいな会社だったんですね。それをここで営業に舵をきろうとしてる。そんなところに入社したわけですね。

マーケティングと言う部門がありますが、やっていることは、マーケティングではなく営業支援だし、面接の時に「私も営業経験者ですから」と言っていた40代の社長は、PMで横展開の営業をしてただけ、社員は500人を越えますが、9割は技術者です。

営業のミッション、特に私の場合は販路の拡大ともちろん、個人予算の達成もあります。営業部長は30代後半の某大手販売会社でSIの営業をしてたらしい人です。彼らがやろうとしているのは自社ソリューション販売も含みます。パッケージやサービスをゴチャゴチャと開発して持っているんだけど、どうやって売って良いかわかんないみたいな。

転職エージェント

なんていうか、違和感もあり、不思議なこともあり、変に突っ張ってることもあり、やることが多い訳です。

こういうのって、入る前には分からないもんなんですよね。入ってみないと分からない。ある程度調べていても、どうしたって分からない。転職する時は、いつも思います。そして、お互いの期待値は、入社日が一番高いということも。そこから、緩やかに下がるか、急激に下がるか、人によってはさらに上をいく場合もあります。それもこれも、入らないと分からない。

転職の時に、エージェントにそういう話を相談しても、正確な答えは得られません。エージェントもその辺は分かっています。でも、分かる限りの情報は、一人で転職活動をするよりかは何倍も楽です。

その会社に採用実績がある会社であれば、人事とはよくつながってることも多いので、情報もたくさんとれます。それでも、人事で働くわけでない限りは現場まで分からないってことは多いですよね。それでも、エージェントが居るといないでは大きく違うっていうのは、実感です。