2016年5月10日

アメリカ・2016年4月雇用統計

結果論でしかありませんが、今回の雇用統計の前に出ていた話で気になることがありました。

  • NY金:続落で1272.30ドル、米雇用統計への警戒感やドル高傾向で売り勝る Yahooニュース
(以下引用)NY金は続落(COMEX金6月限終値:1272.30↓2.10)。1288.40ドルまで上昇した後、1271.10ドルまで下落した。この日発表の米国の先週分新規失業保険申請件数が予想を超える大幅な増加となったことを受けて、早期の追加利上げ観測後退、あるいは、安全志向による金の買いが先行した。
  • 米新規失業保険申請27.4万件に増加、基調は底堅く
[ワシントン 5日 ロイター] - 米労働省が5日に発表した4月30日までの週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は前週比1万7000件増の27万4000件と昨年2月以来の大幅な増加幅となった。市場予想の26万件を上回った。ただ基調としては、雇用市場は引き続き拡大しているもようだ。
この二つの記事は、なんとなく気になっていました。私はイベントトレードが苦手なのですが、その一因が、こうしたニュースを中途半端に分析しようとする癖なんですね・・・ただ、気にはなるのです。なぜかと言えば、もちろんアメリカ金利引き上げが9月に実施されるかどうか、一つ一つの経済指標が今は気になるところではあります。

FOMCのイエレン議長は、「雇用統計はプラス10万人で十分」という話をしているとも聞かれます。
こちらのブログを参照。今回の顛末がわかりやすいです。)

ただ、こうした話で嫌なのは、利上げがあってもなくても長期的に利益の見込める銘柄を選ぶべき(というか、いつかは上げることになる気がする、という憶測のもとにですが)なのに、イベントに振り回されてしまうことです。

0 件のコメント: