2015年10月11日

タブレットについて

Nexus7 2013 SIMフリー

今一番頭を悩ませている問題・・・それは、私のNexus7 2013が死にかけているということです。32GBのSIMフリー。Android5.0にアップデートして使っています。何で死にかけてるか。それは、筐体についているUSBが壊れています。充電もデータ転送もできない。重電はQiでするしかないのです。それとバッテリーの寿命が近い様子。1日一回の充電では足りない。だから、Qiの充電用プレートを持ち歩いているわけです。まぁ、Qiがあってよかったと言えばよかった。

タブレットが必需品になった

このNexus7は必需品です。会社のメールから個人用のGmailや、i.softbank.jpなどあらゆるメールを見れるようにしているし、ニュースもこれで毎朝見ているし、会議のメモも手書きで入力できるようにしています。毎週、火曜日の会議の際には自分のExcelで作った報告書をこれで見ながら、Web会議で報告をします。小型のBluetoothキーボードを持っても、全然かさばらないこのサイズ。メモではなく、ちょっとした文章やメールの返信なんかにはキーボードを使います。

というわけで、いわゆる重宝してるわけです。携帯でテザリングをしなくても、ポータルブルのWifiルータを持たなくてもSIMカードが入るので、これだけでインターネットへの接続ができる。実は営業時代はずっとシステム手帳を使って今しがた、この7inchのサイズはシステム手帳と同じ感覚で使える大きさです。そして、文庫本とまでは言えないけれど、Kindleを使って新書を読むことぐらいは耐えられる大きさと軽さ。

まぁ、何度も言うように重宝しているわけです。これが8inchでも何とか耐えられます。8.9inchになると、う~ん・・・。10inchになると、考え方を変えなくちゃいけない。Googleは何でこの大きさをやめて、Nexus9とNexus6にしたのか、いまだに理解できないなぁ。この、ASUSのNexus7の後継は、よく見る、ASUS MeMO Pad 7 LTE モデルですね。これは、正に後継。Qiのがないくらいかな。あとは、SDカードが入るので、16GBでもOKですな。
最初に考えたのは、やっぱりこれでしたね。ASUS MeMO Pad 7 LTE モデル ME572CL-GD16LTE です。どこのレビューでも必要十分、そしてNexus7が次に求めるのがほとんどこれ。今ある、Nexus7で必要なことはほぼこれでOK。解像度も1920×1200のWUXGAで十分。Googleが、未だになぜ、Nexusに、Nexus 9 という9インチタブレットとNexus5、Nexus6とだして、7インチタブレットをなくしたのかわからないです。システム手帳と同じくらいのこの大きさは、日本人のサラリーマンに「A4ノートじゃなくて、B5ノートが必要」なくらい良い大きさだと思うんですね。

Windows10タブレット

そんな中、がジェット好きの物欲番長的な職場の先輩にみせられたのは、Windows10が動く10inchのタブレット。これが強烈な印象でした。「わお!すばらしい!」Windows10はタブレットに合う。意外と、Windows8でいかにもタブレットを意識したあのGUIより、Windows10のほうが、しっくりくる感じ。Windowsを使うユーザには、正直、「デスクトップ」というあの空間はなじみがあるわけです。その上で、タブレットの操作性と視認性を持たせたWindows10は結構いいなぁ・・・と。で、みたのは、LenovoとASUS。
ただ、どちらもSIMフリー版ではないのですね。とくに、ASUS TransBook T90CHI ノートブック T90CHI-32G はかなりいい感じだったのす。ワイド型の8.9インチタブレットで、軽く、キーボードのピッチも良い感じ。Windowsタブレットだったら間違いなくこれを買ったけど、SIMフリータブレットを持ている私はもう、ポケットWifiとか持ちたくないわけです。

よくよく考えてみたのが、Windows10をタブレットや小型ノートPCとして使う頻度ですが、結局のところ私はIEに頼る環境が極端に少なく、Officeも現在のAndroidに入っているOfficeでビューワー的に使えれば、OSにWindowsを入れる必要はないことがわかってきました。

AndroidタブレットでOK

タブレットを、純粋にタブレットとして閲覧や簡単なメール返信、記録、本を読んだり、複雑で情報量の多いHPをスマホで見るよりは大きいほうがいい、という程度やHuluやAmazonプライムなんかの動画を楽しむ、・・・という用途で考えると、Windows10はいらないという結果になりました。

では、なぜ先輩はWindows10タブレットが好きか、というと、まずこの人は7インチ程度のタブレットであれば、10インチを持っているのと変わらず、仕事でどうしても使いたいという人なのです。もともとが、スマホも大きめの5インチ以上のスマホを選ぶので、「iPhone6がでかい」と思う私とは少しニーズが違うんですね。

私は、Kindleで本も読みます。その中では10インチはでかすぎるし、家ではPCを使うことも多いので、あまり大きなタブレットはいらないのです。
ただ、そこで一回迷ったのは、ASUS ZenPad 8 Z380KL Z380KL-SL16 であります。
これは迷った。今まで7インチを使っていたわけですが8インチになるとぐっと表現力が違ってくるなぁ…と思ったんですね。

しかしこれはアッサリ落第でした。2タイプあって、ASUS ZenPad S8と、ASUS ZenPad8 は、スペックが良い感じでデコボコというか、SIMフリーを選ぼうとすると 解像度が1280×800のラインナップしかなく、では、解像度の高いASUS ZenPad S 8.0を選ばなくては行けなくて、SIMフリー版が無いというね。解像度は、2,048×1,536ドット (QXGA)で綺麗。

しかしながら、1920×1200のWUXGAで7インチでも十分なんですね。というわけで、ZenPadは選びようが無いので、今回の候補からはあっさりとはずれました。8インチになると、いままで7インチで見ていたので新鮮味はあるのです。もしも、S 8.0にSIMフリー版があったら迷わずそれを買っている気がします。

消耗品

あらためて、今回、タブレットのことをウンウン悩んでみました。あるとそれなりに使うんだよなぁ・・・と、改めて思いました。

もうひとつ思ったことは、価格や性能のバランスと”果たしていつまで使うか”という時間軸です。この手の商品はほぼ2年程度の消耗品と考えているところもあります。結局新しい通信技術や、インターフェイス、OSの切り替えなどが発生して楽しめていたものが楽しめなくなってくることも多いので、「果たして2年間使い続けてペイする価格と性能なのか?」というのを強く考えてしまった。

だから、というわけでもないですが、やはりiPadは高いというのが印象です。今回のNexus9も同じです。この2つは2年間程度使うという時間軸で考えると、同じ体験ができるであろう他の製品よりも割高な気がします。
というわけで、今回はASUS MeMO Pad 7 LTE モデル ME572CL-GD16LTE に決まりです。