2015年10月3日

メモ:9月米国雇用者数、米国失業率など

今日は10月の第1金曜日。ということは、アメリカの9月分、非農業者雇用者統計、失業率の発表。昔、私が一緒に働いていた在日中国人で某イギリス報道機関で働いていた大先輩は、この時期になると昔は回線のパンクを恐れて、みんな徹夜して顧客へのデータ提供をしていたんだそうです。それだけ、昔から注目されている数字。

取り敢えず、メモ的に羅列しておきます。Bloombergが発表している記事は、以下。

 (ブルームバーグ):9月の米雇用者数の伸びは市場予想を下回った。また賃金は伸び悩み、失業率は前月と同水準だった。
米労働省が2日発表した非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は前月比14万2000人増。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は20万1000人増だった。前月は13万6000人増に下方修正(速報値17万3000人増)された。
家計調査に基づく失業率 は5.1%と、前月から変わらず。市場予想も5.1%だった。
JPモルガン・チェースの米国担当チーフエコノミスト、マイケル・フェロリ氏は「状況がやや減速しつつある可能性を示す新たな兆候だ」とし、「世界的に見て米国の好調さに強い期待が寄せられていた。各国の政策当局は米国に注意を向けていることから、今回の雇用統計は世界的に影響が広がる可能性がある」と続けた。
民間部門の雇用者数は11万8000人増。前月は10万人増だった。
製造業は9000人減となった。小売り部門は2万3700人増、娯楽・ホスピタリティ部門は3万5000人増えた。
政府部門の雇用者数は2万4000人増えた。
労働参加率は62.4%(前月62.6%)に低下し、1977年10月以来の低水準。
全体の週平均労働時間は34.5時間で、前月(34.6時間)から減った。
平均時給は前月比横ばい。前年比では2.2%増と、8月と同率の伸びだった。
というわけで、あまりいい方向じゃないことは確か。グラフで確認するとこの2年間は下がりっぱなし。
石油は、以下。

金は30ドルほど上がりました。ドルから逃げたのかな・・・アメリカの雇用統計を真正面からとらえて、現物に逃げたと?

ドル円は、ドルが売られて、円が買われた。ドルが売られて、金が買われて、円が買われる。ドルの信用が下がった様子。
石油はというと、一気に売られて、1ドル下がった。石油自体が値下がり局面で、ジム・ロジャースあたりは、「底値なんじゃないか」みたいな記事を出してた。
石油は今、中国の件と、アメリカの戦略備蓄の増加(ちょっと古い情報・・・)と、アメリカのリグの減少、などあまりいい話がない。アメリカの利上げがこれで先送りになるかもという懸念を考えると、ドルから逃げて、現物に。ただ、現物とはいえ「石油」は今のところさえないから、上がると信じていた筋がお手上げになって売りに回ったのかしら。

よくはわからないけど、今回はこんな動き。イベントトレードでいい思いをしたことはないので、この辺にしておきます。



2015年10月2日

VW、シリア、安全保障etc...

フォルクスワーゲン問題

最近のニュースで気になることと言えば、まずは「フォルクスワーゲン」の米国排ガス規制における不正問題です。自分もフォルクスワーゲンに乗っているもので、無視できません。TDIについて、Audiでも殆どの車種で不正問題が確認されていて210万台とのこと。

フォルクスワーゲン株は一時期、高級車が非常に好調な時期に「株買っとこうかな」とか思っていました。150ユーロ位だった気がしますが、今は、100ユーロを切ってます。120ユーロを割ったあたりがそこかな・・・と思いましたが、ドイツ製造業への懸念が広がりつつあってまだまだジリジリと値を下げています。

ちなみに、今回の不正を見破ったのは日本製の検査装置。堀場製作所製の検知装置だったようです。
  • 世界揺るがしたVW排ガス不正、見抜いたのは堀場製作所の小型測定器(Bloomberg)
    • ウェストバージニア大の研究者は取材に対し、最初に異常な排出値が出た路上走行での測定で堀場製ポータブル測定器を使用していたと確認している。屋内設備で行われる新車の型式認証時の排出値とのかい離が大きかったことがきっかけで発覚につながったが、路上走行試験は車載可能な小型のポータブル測定器でないと実施できない。
据え付け型の検査装置では見つけることができなかったようです。

シリア問題

これは意外と根が深いというか、深掘りすると面白いなと思いました。シリアのアサド首相はロシアに亡命中であんな自体なのに、のうのうと!なんて思っていましたが、以下の記事を読んでいたら、なんとなしに文脈が見えてきました。
  • コラム:シリア軍事関与に垣間見えるロシアの「お家事情」(Reuters)
    • プーチン氏の対シリア政策は、ロシアの世界大国としての地位を復活させようという大いなる戦略の一環と主張する向きがある。しかしロシアが必死に、リスクを伴いながらもアサド大統領を支えようとするのは、今やシリアが中東においてロシアが強い影響力を保持し、ずっと軍事的な基盤を確保している数少ない国の1つだからだ、と考えた方がわかりやすい
    • 実際、ロシアは米国政府こそが、アラブの春や、旧共産圏の中東欧・中央アジア諸国で起きた「カラー革命」を裏で画策し、資金を援助したのだと本当に信じている。
    • そしてもしもアサド政権が崩壊すれば、ロシアはシリアにある地中海地域唯一の海軍基地をすぐに失い、シリア内の他の軍事・諜報資産もなくしてしまうかもしれない。
    • こうした中でロシアがシリアに地上軍を派遣し、内戦に関与するのは危険極まりない。プーチン氏は、シリアにおけるロシア軍兵士の損害は、ウクライナほどは簡単に隠し通せそうにはない。ロシア軍がイスラム教徒の戦闘員を殺害すれば、自国内で報復攻撃を受けるリスクも出てくる。その上、シリア情勢はこの先制御不能となる恐れがある。
ロシアはシリアをなくすと、地中海方面への橋頭堡をなくするという危機感があるってこと?中国の埋め立ての件にしろ、共産圏のこうした動きは非常に速いです。さらに、ISなどのテロ組織・武装集団の武力行使の脅威は日に日に高まっていて、にらみを利かせる為には、国際情勢と内政事情をのバランスを取りながら、複雑なスキームで行っているのでしょうか。

憲法9条

こんなこと考えていると、日米安全保障に関する集団自衛権の話というのがどんなふうにこれから運用されるか気になります。
憲法第9条っていうと、こんな感じ。

  1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
  2. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
ってことです。
最近はこれを見ることが増えましたが、見れば見るほどなんですよね。そもそもが、「正義と秩序を基調とする国際平和」ってのが、もう無理がある話しだなと思わざるを得ないんですがね。この話を持ってきたアメリカ人は自分たちの正義を振りかざして平和維持のために、軍隊を動かすわけですよね。国際平和を希求って、なんなの?って話ですね。
邪推かもしれませんが、この国際平和については望み求めることしかできないわけで、主体者として定義することはないんですね。

この文章自体一番痛いのは、国際紛争を解決する手段として武力行使を永久に放棄することをハッキリと言いきっているのだけれど、その理由がすごく曖昧にみえる。憲法9条に関する書籍を探す