2015年10月7日

石油、IMF、米貿易赤字etc...

ニュース的なもの

夕方だけど、朝から目に付いた記事をちょこっと。
結局は、アメリカ貿易赤字は予想より15%以上へこんだという話もあり、そこそこインパクトがあった様子。
OPECについては今のところ減産の様子はないとのことだけれど(サウジアラビア曰く)、アメリカのシェールガス採掘リグの数は減っている。減産しない根拠としては、シェアの確保ということ。何が起こってるか全く分からない。
とりあえず昨晩は、1バレル=47ドルで続伸。3月の米国利上げの件についてもどっちつかずの話が多い様子。見た中でなんとなく感じるのは「あげるけど、やんわり」みたいな感じ。

  • ネタ的には以下な感じ。
    • 1バレルは47ドルに上昇
    • OPECの減産見通しなし
      • アメリカのシェールガスのリグ数は減っているがまだシェア獲得に積極的にみえる。
    • アメリカの貿易収支、赤字拡大のため現物避難?
    • IMFの成長見通し下方修正

中国

IMFが言うには、中国の成長率は2015年が6.8%、2016年は6.3%ということ。以前は8%、7%という数が踊ってたけど、今は6%台。世界経済の成長率を引き下げても、まだその2倍はあるという中国の成長率なわけです。というよりも、中国がけん引しない限り、世界の成長率は上がらないということで、アメリカの利上げについては減がペッグしているという点からしても、少し心配な感じ。そのほか、決済通貨量について元が円を抜いて第4位とのこと。ドル、ユーロ、ポンドに続く元ということで、日本の存在感はうすれていく。

0 件のコメント: