2015年10月3日

メモ:9月米国雇用者数、米国失業率など

今日は10月の第1金曜日。ということは、アメリカの9月分、非農業者雇用者統計、失業率の発表。昔、私が一緒に働いていた在日中国人で某イギリス報道機関で働いていた大先輩は、この時期になると昔は回線のパンクを恐れて、みんな徹夜して顧客へのデータ提供をしていたんだそうです。それだけ、昔から注目されている数字。

取り敢えず、メモ的に羅列しておきます。Bloombergが発表している記事は、以下。

 (ブルームバーグ):9月の米雇用者数の伸びは市場予想を下回った。また賃金は伸び悩み、失業率は前月と同水準だった。
米労働省が2日発表した非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は前月比14万2000人増。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は20万1000人増だった。前月は13万6000人増に下方修正(速報値17万3000人増)された。
家計調査に基づく失業率 は5.1%と、前月から変わらず。市場予想も5.1%だった。
JPモルガン・チェースの米国担当チーフエコノミスト、マイケル・フェロリ氏は「状況がやや減速しつつある可能性を示す新たな兆候だ」とし、「世界的に見て米国の好調さに強い期待が寄せられていた。各国の政策当局は米国に注意を向けていることから、今回の雇用統計は世界的に影響が広がる可能性がある」と続けた。
民間部門の雇用者数は11万8000人増。前月は10万人増だった。
製造業は9000人減となった。小売り部門は2万3700人増、娯楽・ホスピタリティ部門は3万5000人増えた。
政府部門の雇用者数は2万4000人増えた。
労働参加率は62.4%(前月62.6%)に低下し、1977年10月以来の低水準。
全体の週平均労働時間は34.5時間で、前月(34.6時間)から減った。
平均時給は前月比横ばい。前年比では2.2%増と、8月と同率の伸びだった。
というわけで、あまりいい方向じゃないことは確か。グラフで確認するとこの2年間は下がりっぱなし。
石油は、以下。

金は30ドルほど上がりました。ドルから逃げたのかな・・・アメリカの雇用統計を真正面からとらえて、現物に逃げたと?

ドル円は、ドルが売られて、円が買われた。ドルが売られて、金が買われて、円が買われる。ドルの信用が下がった様子。
石油はというと、一気に売られて、1ドル下がった。石油自体が値下がり局面で、ジム・ロジャースあたりは、「底値なんじゃないか」みたいな記事を出してた。
石油は今、中国の件と、アメリカの戦略備蓄の増加(ちょっと古い情報・・・)と、アメリカのリグの減少、などあまりいい話がない。アメリカの利上げがこれで先送りになるかもという懸念を考えると、ドルから逃げて、現物に。ただ、現物とはいえ「石油」は今のところさえないから、上がると信じていた筋がお手上げになって売りに回ったのかしら。

よくはわからないけど、今回はこんな動き。イベントトレードでいい思いをしたことはないので、この辺にしておきます。



0 件のコメント: