2009年10月8日

お休み

少しの間、相場を休んでいた。自分の未熟さ具合を痛感したことと、相場の方向感がわかんなくなったこと、自分のスタンスもぐらついてしまっていたことがあった。このエントリの前に書いたエントリのすぐ後に手元にある銘柄は全て売却して、キャッシュポジションのまま。日経は10,500円前後で円ドルは$1=\95くらいだったろうか。

本を読んだ

この10月中旬を迎えて、約1ヶ月、相場を休んでいた。休んだ間に何をしていたかといえば、普通に仕事をしていたのだが、体調も思わしくなかったので、全般的にあまりストレスのかからない事をしていた。色々な情報から手を離して、本を読んでいた。このブログでも少し触れたが、春山先生の本などをチョコチョコと読み、基礎的な勉強をするきっかけにしていた。とはいっても、もともと経済学を1から勉強するわけではなく、こうした読みやすく書いていただいた本などを自分で読める範囲で読んで、基礎知識を蓄えたつもりだった。

私たちのいる世界

私たちのいる、この21世紀の世界は誰がどうやって作ったか。結局、そういう話になった。誰かが行っていたが、株式で儲かるのは、博打で勝つか、インサイダーか、どちらかしかない、といっていたが何となく納得してしまう。儲からない言い訳・・・かもしれないが、結局、いわゆる「情報の非対称性」は解消されることがないのだろうから、当然だと思う。株式は少しトレーディングを続けていて思ったが、なんとなく自分に向いているのかが疑問になり始めた。

本を読んでいて、私たちのいるこの世界は非常に繊細だということがわかってきた。そして、誰かが大昔決めたルールの中で動いていて、それ自体は絶対ではないということや、自分が生まれて育ったこの30年は、その前に積み重ねられた歴史から比べて、普通ではなかったかもしれないということ、力を持っている人たちというのは、どのような人たちなのか、ということ・・・。

経済活動は、人が作ったルールのうえで成り立っている。戦争はソロバンの上で成り立っている。お金が何かを学ぶうちに、不思議と自分の知りたいことがわかってきた気がする。