2009年7月25日

24日


24日の相場は、朝から緊張した。とはいっても、23日の夜は家のそばで花火大会があって家族で見に行ったこともあり、夜はNYSEの値動きをチェックする間もなく、寝てしまった。事前準備を怠っていたことも24日の朝、「いったい何をかえばいい?」というあせりを煽った。やっぱ、準備は重要。

結局、いつも見ている銘柄から信越化学(4063)と、ピジョン(7956)を選び買うことにしたが、信越化学は始まったとたんに2%を超え、高値をつかんでしまう。ピジョンについては、最初の1時間くらいで乱高下していたようだが、結局はこれも上値でつかんでしまったことで、後でマイナスに。

信越化学は、引けギリギリで売り。0.6%というなんだかわからないパフォーマンスをあげて、終了。ピジョンは、持ち越し。

この日で一番後悔したことは、ピジョンは「もう1日待とう」と当初考えており、ワコム(6727)の買いを考えていた。
RSIの6日が60くらいだったので、「まぁ、1日での売り買いにそれほど影響ないだろ」なんて思っていて、ワコムを買おうと思っていたのに、また買いそびれた。

テルモ(4543)は、「これは売られんじゃないの?」と思っていたが、結局買われた。自分が見張っている銘柄はどれもボリンジャーバンドも+2σと+1σのボックスでうろうろしているので、買い向かわれてもおかしくないのだろうけど、そこまで信頼できなかった・・・。持っているポートフォリオのなかでは、値動きの悪い2銘柄を選択してしまっていた。

来週は、2Qの決算発表も多いので、思惑買いが色々あるんだろうと思う。この週末で、整理しなおす。

2009年7月23日

今日の反省

今日は反省する事が多い。まずはワコム(6272)。昨日の時点で、チャート的には買いだろうと思っていた。しかし買えず仕舞い。会社四季報で、受注額が縮小していると言う記事が頭から離れなかった。そもそも、当日の行って来いで考えていて、ビジネス環境の事よりも相場の需給を優先させるべきで、そう考えていたのにもかかわらず、変なところで引っかかってしまっていた。

2%を狙っていたが、ワコムは本日、2%を余裕で超える価格をつけていたので、思惑を実行できなかった後悔は大きい。短期なら短期、中期・長期で考えるならそう決めて、そうした視点を持つべきだ。今日は短期狙いだったのだから。GCをあと一日待とうと思ったのも敗因。

テルモ(4543)、信越化学(4063)は売られると思いきや、買われる場面も多かった。貿易指数の速報値がでて、ロイターが記事にしたのが、12時ちょっと前だったが、それが利いたのか、何なのか、すぐに下がってしまう事にはなるが、後場の一番は上がってきた。

明日はこの上げが一服するかどうか、少し考えて見たい。日系平均も良いところまで上がっているので、選挙前のレンジとしては良い具合いに天井が近いように見えるけれど、どうなんだろうか。
--
from iPhone

2009年7月22日

ウェルズ・ファーゴ(WFC)の決算

ウェルズ・ファーゴ(WFC)の決算が、今日のNYSEの寄り前にあります。EPSの市場予想は、$0.34です。そろそろ発表かしら・・・。

テルモ(4543)を利確売り

テルモが綺麗に値を上げ、パフォーマンスとしては2%乗せてきたので、一先ずは利確。

本来であれば、信越化学の上げ相場に乗らなくてはいけなかった日なので、3分の1でも利益がでて良かった・・・と、思う事にした。

明日はこの調子だと、売り優勢になるんじゃなかろうかと思う。
--
from iPhone

信越化学(4063)買い逃し

もっと自分の判断に自信を持って良かったのに、信越化学をより前で買いのがしてしまった。
寄り前のいた情報を見ちゃうとなんだか変にビビってしまい、「売りが強い!」ってビビってたら、あっと言う間に3%高。バカだなぁ・・・。後場の動きからと言うのは非常に苦手だけど、4580円位に戻したら、考える。

テルモ(4543)は4320円で変わらず。
--
from iPhone

バーナンキ議長の話

そういえば、今日はバーナンキ議長の話があった。鎌田先生が、一発でまとめていらした。
ベン・バーナンキ議長の証言を要約すると、「米国経済に安定の兆しが見える。しかし、住宅市場と労働市場は相変わらずスランプ状態だ」、ということになる。
http://kabukeizainani.blogspot.com/2009/07/blog-post_21.html
ロイターの記事を見た限りでは、「なんか、わかったようなわからないような・・・」って感じで、おっしゃるとおりで、「今はダメです。将来は、明るそう・・・・にみえませんか?」ってなかんじ。
で、この時点で、DJIは前日比マイナス。前場は一時プラスだった気がしますが、結局持たなかったっ手感じ?明日の東証はどうだろ・・・。

シカゴの日経平均先物は、現時点で9665円とかそんな感じ。9800円まで一時期あげて、が~っとさがった。明日の朝、もういっかい見てみる。

よくわかんないけど・・・、信越化学(4063)とか、ウェルズ・ファーゴ(WFC)とか・・・


NYSEの寄り前発表決算内容を見る限り(って、踏み上げ先生のブログに書かれていたんですが・・・非常に便利です。ほんと、こういうサービス精神って、尊敬します。)売上高NGの、EPSはGoodって感じ。企業努力でコスト圧縮がうまくいったりなどなどのリストラ効果がでてるの?そんな感じ。

明日は、信越化学(4063)をどうするか考えている。どうやら、信越化学の上昇は、インテル(INTC)の決算に引っ張られたり、大和証券のレポートで「半導体不況後の有望企業」みたいなこといわれたり、GSのレポートでも、シリコンウエハが冬の時代を終えた後の話など、ともかく「あかるそぉ・・・」な話が先週から出始めている。
一応、以下がチャート。


インテル(INCT)の決算は16日かなんかだから、GSのレポートの後のほうが上げ幅は大きかった様子。信用倍率が6倍になってて、「あぁ・・・・こわいよぉ~」なんて思ってたけど、あがるときはあがるんだな・・・。
この夜中に、以下のようなニュースも。

<日経>◇信越半導体、シリコンウエハーの値上げ要請 07/22 01:30
 
信越化学工業の全額出資子会社、信越半導体(東京・千代田)は国内外の半導体メーカーに対し、半導体材料のシリコンウエハーの値上げを要請する。直径300ミリの大型ウエハーが対象で上げ幅は3~4割とみられる。足元の半導体価格が回復基調にあることから3年ぶりの値上げで採算改善を急ぐ。ただ半導体メーカーの業績低迷が続いており、価格交渉は難航も予想される。
 国内外の半導体メーカー十数社と価格改定交渉に入った。値上げ要請は原料価格の高騰を転嫁するため1割前後値上げした2006年春以来。シリコンウエハーで世界シェア35%を握る最大手の信越半導体が値上げに踏み切ることで、SUMCOなど各社も追随する可能性がある。
 300ミリウエハーの価格は昨秋以降の需要急減を受けて4割下落。1枚あたりの単価は昨年夏の2万円前後から現在、1枚1万~1万5000円に落ち込んでいる。
 一方、昨夏に月間300万枚だった世界需要は年明けに130万枚まで落ち込んだ後、足元では260万枚まで回復した。また代表的な半導体メモリーであるパソコン用DRAMの大口需要家向け価格は、6月後半に1ギガ(ギガは10億)ビット換算で7カ月半ぶりに1ドル台に乗せた。
 信越半導体は半導体価格の上昇を材料価格に反映させたい考え。ただ国内半導体大手のエルピーダメモリが国の金融支援を受けるなど半導体各社の業績は厳しく、値上げには強い抵抗が予想される。

・・・エルピーダの件が非常に気になりますが、このニュースの威力がどの程度か良くわかりません。とりあえず、この明日~明後日で考えているので、瞬間風速がどの程度でるのか、それが気になる。

ただ、窓開けて、少しあがったところなんだけど、取引量はどちらかというと減っている・・・これで、売り側がやる気を出さなければ、まぁ、いうなれば「まだ、これから下げるだろ」と思っているようなら、明日~明後日ぐらいは、何とかなるのかな・・・いうなれば、「カップアンドハンドル」っぽいチャートにもみえるんだけど、だめ?

一応、移動平均は25日を5日が上に抜けるのが明日っぽくて、GCなんだけど、RSIがまだまだ売り圏内ってかんじ。
悩ましい・・・。3時なので、とりあえず寝ます。こういうの、朝やれればいちばんいいんだけど、夜になり勝ち。

CITの件が、以下のような感じ。
[ニューヨーク 21日 ロイター] 21日の米クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で米金融サービスのCITグループ(CIT.N: 株価, 企業情報, レポート)の債務保証コストが上昇した。20日に発表された債権者からの30億ドルの融資について、アナリストからは連邦破産法適用申請の先送りにすぎないとの声が聞かれている。
というわけでかどうか、金融関連でWFCだとか、GSだとか1%後半ぐらい下げてます。引け後の決算発表は、ハイテク・半導体使ってそうなメーカーの決算があるので、明日の朝チェック予定。

あとなんだ・・・わすれたよ。もう寝る。

2009年7月21日

テルモ(4543)

テルモ(4543)が今日は朝から売られたが最後の最後で4320円で始値まで戻した。一時は4250円まで売られたので覚悟していたが、最後の30分ぐらいで戻した模様。
なんと無く底堅さを感じるが、売られ方も力強いので、どこまでどうなるのかまったく分からなかった。

実際、選挙を控えているこの地合いでは、キャッシュにしておきたいとも思う。4500円に届くかと思いながら、直近の高値、4310円で思わずつかんでしまっており、中長期では上昇トレンドを見込んで、ビジネスの地盤がある程度見込めている事もあって今は持ち続けている。

しかしながら、この4300円前半が天井のように上値が重い。そうなると、少しでも利がのってきたらサッサと一度利確して次のチャンスを待とうかとも考えてしまう。
--
from iPhone

ピジョン(7956)・5%で利益確定

ピジョン(7956)を開始直後に仕込んで、5%のったところで利益確定売り。
最初、3400円代後半での買いを狙うが、指値で買えない事が怖くなり、取り敢えず成り行きで前日終値の3550円で買い。

失敗したかな・・・とおもったが、10時過ぎ位に3740円前後まで上がり、パフォーマンスとしては5%を超えて来たため、利益確定売り。

前場の終値は3600円代後半だったので、まぁ良かったのかな・・・運とは言え、読みがなかった訳では無いので嬉しい。
--
from iPhone