2009年6月22日

信越化学(4063)を損切り

結局、信越化学(4063)を損切りした。本日の終値は、4,570円ということで、思い描いていたシナリオとはならなかった。当初JPMのレポートなどを見てしまい、色々と悩んだけれど、結局は現状で求めるタイミングでの上昇を見込みずらいことや、想定していた下値を下回ってしまったことが要因。

信用残

今までも見たり見なかったりだったけれど、もしかすると短期の需給においては、この信用残を確認しないのは、全然ナンセンスなのかも・・・っておもった。信用倍率については、少しチェックはしていたが、内容について「ピン」とこなかったというか・・・。信越化学(4063)以外のポートフォリオは、0.3~0.4ぐらいだったのだけれど、この銘柄は4倍を超えていた。
10倍を超えると売り圧力が強すぎて・・・という記事をよんだが、4倍でも充分びびっていた。

その他

とりあえず、週明けは損切りからスタート。ピジョン(7956)は最終的に少し下がったが、後場スタート直後に3,000円を超えた。利確売りでおされて、2,880円で引ける。
大東建託(1878)はあげて終わっているが、なんとなく下降トレンドっぽいかんじ。まだわからないけれど、先週末に、窓を開けて下げていることと、25日線を割って推移しているので、息切れかなぁ・・・と。様子見。

2009年6月21日

信越化学で気になるところ

気になることを書いておく。
  • 信越化学(4063)の扱いをどうするか。信越化学については、シリコンウエハの事業と、塩ビの事業が柱になっている。
  • シリコンウエハについては、300ミリの工場をいち早く立ち上げていたりしているが、現状では、需要減退、増産の見送りということで、あまり良い結果になっていない。とはいっても、赤字にはなっていないあたりは、SUMCOと違う。
  • コレについては、JPMの無料レポートでも収益力の強烈さ具合を、「プレミアム」といっていた。
  • SUMCOはシリコン事業一発っぽいのだけれど、決算も激ワル。実際、エルピーダがあの調子なので、需要も無いのだろう。
  • 信越化学については、塩ビ事業が国外で調子悪くなかった。実際、アメリカの住宅需要が下がっていた時期でさえ、売りまくっていたと言うのがすごい。
と、ここまで書いて、思うこと。
  • 信越化学の買い持ちを改める。
  • JPMの無料レポートを見る限りでは、シリコンウエハの価格下落がこの夏にそこをうつだろうと。その後は、横ばいみたいなことを言っている。
  • 足元のシリコン需要増については、在庫逼迫の後の反動だろうとか、クリスマス商戦に対しての積み上げだろうということで、本質的な増産のきっかけになることは無いだろうとのこと。
そういうわけで、信越化学についてはどこまで信じるべきか非常に迷う・・・。最初、このメモを書いていた頃は、「あぁ、今年は大きく上がることはなさそうだなぁ・・・・なんてったって利益予想も11年度まで良くないし、製造業・半導体事業が上がるネタがねぇよ」と思っていたので、何となく売りって思ってたんだけど、「収益力はプレミアムだ」なんてのを見ると、買い持ち・・・?とか思っちゃう。

とはいえ、とりあえずのラインについては4,900円になるだろうと思っている。パフォーマンスで言えば、3.5%を出して欲しいというところ。それも、今月末までに・・・・。自分の月次パフォーマンスを守るためには当てにしちゃう・・・。

来週は、売り時を確かめながらの展開になるかな・・・

今週と来週

信越化学(4063)

今週は相場の材料も少なく、NYSEの商いも薄めとかなんとか聞き及んでいた。6月10日に、4,730円で購入。



このときに考えていたことは、信越化学は決算が悪かったうえに、見通しも悪いとは分かっていたが、シリコンウェハの需要は実は底堅いと言う話を聞いていたことや、そもそも利益率が良かったり、指標的にも経営が極めて上手な銘柄に見えていたことが、直接の買い要因だった。

そして、買値と定めていたのは、4700円前後。ボリンジャーバンド(を信用しすぎちゃいけないんだろうけど・・・)のマイナス2σぐらいで、買いを入れようと思っていた。株価の動きはあまり活発ではなかったので、そろそろきっかけで反発してくるんじゃないかなぁ・・・と。

東証は12日に一時、10,171円をつけ、その後週末にかけて下げてきた。12日は4063は大きく売られた日となり、このあたりで銘柄的には「今週は我慢だな・・・」と思い、とりあえずホールドすることに。
結局、19日の終値が4,710円となり、なんとか10日の水準に戻しつつあった・・・ナントモ疲れる週だった。4,700円を割っても持ち続けようとおもっていたので、最初の動機付けがこれから吉と出るか凶とでるか・・・。

とりあえず、目標は4900円前後と見ている。

ピジョン(7956)

この銘柄は、お気に入り。とりあえず、6月9日に2,715円で利益確定売りをしていたら、なんと3,000円タッチ寸前の2,976円をつけるところまできていた・・・。



特に、6月17日と6月18日の2日間の上げはすごくて、若干悔しかった・・・。プラス2σを超えて数日続いたときは、失敗したかと思った。まぁ、強欲なので、この辺はどうしてもそんな風に感じてしまうのだけれど。
結局、19日に値を下げたが、前日の始値を割ることは無かった。このまま上昇する気もするが、ボラティリティのリスクがどの程度か・・・ってのが気になる。今買いに走ったら痛い目を見そうな感じだ。
そんなに大もうけ・・・・ってんじゃなくても、今はよいので、負けないように着実に利益を積み重ねて生きたい。

週明け月曜日の寄り付きで、来週の参戦を決めようと思っている。

テルモ(4063)

ここも少し前に、利益確定をした銘柄。決算説明会の方針を聞く限りでは、注力度合いをホスピタル製品群から、心臓・血管関連製品にシフトしていて、利益率が高そうで独自性の強いビジネスに注力する姿勢がうかがえ良かった。



というわけで、6月12日にひと段落したとおもい、利益確定を4,220円で行っている、そしてその後、4,000円付近まで値を下げたので、再び参戦。6月19日前後で3,900円をつけるラインぐらいをサポートラインとして、緩やかな上げ相場と想定。買値は4,050円。

実際、週中にかけて、ゴリゴリ下がったけれど、信越と同じでビジネスモデルが割りと好きな銘柄だったので、じっと我慢の子・・・で、上げ相場を信じている。
実際、18日につけた安値3,910円を最後に、19日は4,000円まで戻している。なんとなくこの銘柄を、4,000円割れ~3,900円前後で「底」と判断するトレーダーが多いんじゃないかなという気がしている。

来週は、引き続き持ち続け、4,150円~4,200円ぐらいで利益確定するつもりで見ている。