2009年4月30日

なぜ(2)

なぜなぜ・・・。最近、きちんと相場と向き合うことが増えてきたのかもしれない。長期投資と言う言葉に囚われすぎていたこの数年を振り返り、そもそもの目的と手段を履き違えてたのかもしれないという思いが、あせりに変わっているのかもしれない。
  • なんでアメリカの銀行が本日の上昇銘柄なんだろう?
  • クライスラーが助かった・・・のは、何となくReutersとか見てて分かった。ただ、どう評価されているのかはっきりわからん・・・
  • 金は、やっぱり、今は割高?ってことなの?
  • 豚インフルの一軒で、本日のDJIもプラスだけど、どっかにヘルスケアが引っ張ってると書いてあった。実際、アメリカのGDP発表で6.1%マイナスだっけ。予想を下回っていたのにも関わらず。で、DowJonesの構成で値上がり上位は、結局銀行とか。ヘルスケアはなかったんだけど、ストレステストの結果、シティーグループって資本金の積み増しが必要だよ、みたいなこといわれてなかったっけ?
  • どのニュースがどのように繋がっているのか、よく分からない・・・致命的なような気がするけど、そのうち何か見えてくるのではないかと思いながら、日々ニュースに目を通している。
どうなんだろうか・・。信越の決算が、予想の下げ幅よりも恐らく下げてたみたい。GW前で商いも薄くなってきているので、明日はどんなになるかな・・・。「以前の姿には戻れないかも」という言葉が説明にでてくるほど、信越もヤバイ感があるみたい。過去を評価して安値で拾うか、もう過去のものとして、改めて考え直すか・・・。

シンプルに考えて、信越はやっぱり買い・・・。シンプル=勘であってはいけないんだけど。

2009年4月29日

なぜあがっているのか・・・

ストレステストの件も含めて、「バーナンキとガイトナーはいい働きをしている」というのが、割と多く聞かれる話。ストレステストの件については、ガイドラインの発表とか、5/4の結果発表くらいしか頭に残っておらず、流れ全体が分かっていない。もしも、相場に期待が集まっているのなら、確かにGLDは豚インフルエンザのニュースで2日くらい反応した後は、$900が天井っぽく推移しているのは分かる。

なんとなく、金の動きは見えてきた気がする・・・けれど、銀行の動きがまったく分かっていない。なんとも言えず、歯がゆい。勉強が足りないってだけなんだろうけど。