2009年6月14日

模擬取引について

春山先生のブログより。
私は、運用指南本での一番のポイントは、「初心者専用の株式市場はない」という現実に対応するために一定のレベル(TOEC***点みたいな)をクリアーすべきだと考えている。
初心者も、百戦錬磨のプロも、悪意のヤカラも、トロイ投資家も、全てが同じ土俵で同じ時間帯で、やり直しなしの勝負をするのが株式市場のルールだ。
< ちなみに、おカネを使わない模擬売買は意味が無い。緊張感や恐怖感が無いので、実践に際しては模擬売買の記憶がかえって害になる可能性があると感じている。 >
"初心者用の株式市場はない" -おかねのこねた : 豊かで、健康で、活動的な、人生のために (春山昇華)-
というわけです。僭越ながら、同感です。
模擬売買って、割と前から色々ありますが、これが役に立ったって人はいるのでしょうか。いるのかもしれないけど、殆ど意味ないとおもうよ。その時間無駄。

0 件のコメント: