2008年8月22日

投資先について

ウォーレン・バフェット氏を中心とした、バリュー投資に関する観点では、極論するとIT関連ビジネスへの投資には肯定的ではない。彼らの話のなかでは、消費者独占で、顧客に対してインフレ分を負担することができ、資産効率がよく、遍く人の生活に密着したビジネスがまず選定のテーブルにあがる。それから過去のEPSや、そのほか諸々の検討が行われるというのが、流れ・・・かな。
メアリー・バフェット女史の出版披露会の動画を見る機会があったのだけれど、そこでも冒頭にチューインガム(リグリー?)の話とドット・コムバブルの件など出てくるので、何となく反応。




将来にわたって、IT産業が追加投資をしなくても利益を生み続けられるか・・という話があったとすると、それは確かに難しい。IT業界、ネット業界は、ニューエコノミーとまで行ってしまって良いのかは別だが、確かに既存のビジネスと一線を画す。それは皆が言っていること。情報格差は思いっきりビジネスチャンスだったわけだけど、ITはその垣根をなくしている。それと複製のコストについても、ほぼゼロに近い。単細胞動物のように、分離してドンドン、複製を作っていける。
今まで、情報に載せていた価値は、時間と場所と量などの制約があったんだけど、ITは確かにそれを限りなくゼロにしている。この辺は、ウェブ進化論がしっかりと話をしているので、それを見るのが良いのだろう。

そういう観点で考えると、確かに長期投資という点では、非常に難しい分野なのかもしれない。バフェット氏は「人の営みは継続する」という観点において予想してるんだよね。ガムをかんで、新聞を読む・・・。この行為がITが出て全てなくなってしまうか、と言うとそう言うわけじゃない。クレジットカードだってそうだ。「人はそれを辞めないだろう」というビジネスへの投資が好き。
そう考えると、「常識」にそっているかってのも、考える。あまりに非常識だったり、先進的なものは判断材料が乏しい。常識っていうのは、やっぱり過去なんだよね。ベストプラクティスを大多数の人間が判例として持っていて、それを元に日常の生活を判断している。その常識がどんなものか、と、その範囲を知ることは非常に重要。
単純に言えば、サラリーマンがやることは、可処分所得を持つ大多数の人間がやるだろう、という予想に基づいて良いわけだ。

そう考えると、ITはどうか?たとえば、パソコン。そんなにガンガン買い換えない。だから、日常的にストックビジネスにはならない。インターネットに載る情報だって、すごいスピードで変わっている。放置できない状況で、更新するコストと新しいニーズを探るコストを考えると、ストックにはならない。投資が必ず必要になる。
結局、みんな仕事を通じて何かしたいんだよね。でも、投資先としてそれが常に良いわけじゃない。「ビジョナリー・カンパニー」にもあったけど、彼らが考える継続性が良い会社と、働きやすく、労働者から見てよい会社ってのは、違うって言う話しに似ている。
こうして、一つ一つ考えを巡らせていると、やはりなんとなく、バフェット氏の行っていることは、突飛ではなく、人間の営みのなかにある、当然の事柄を拾って、その価値の上下を見ているのかなぁ・・・って気がする。実は山っ気がないってのが一番大切なのかもしれない。

0 件のコメント: