2008年8月18日

欲の管理

投資の目的は、欲望と強く関係が有るのが普通。昨日も強欲さ具合と投資について触れたけど、今日、ストックナビ通信を読んで、こんな記述があったので、引用。
欲には限りがないのが普通の投資家だ。
おそらくは世界の王になりたいというところまでいってしまうだろう。その考えが良くないから、神は投資の失敗という試練を与える。
強欲は強すぎる欲望なんだろうね。投資をやっていると思うことに「負け方」という考え方がある気がする。次につながる負け方というか。

というと、勝った時には自動的に次につながる気がするけど、実は勝ちも負けもその時だけの結果であって、次どうするかというのは、その結果が全て決めるのではない。強欲はその結果の見方にも影響する気がする。
やっぱり、シッダールタの、「考えることが出来ます、待つことが出来ます、断食することが出来ます」って言葉を思い出す。

0 件のコメント: