2007年12月1日

会社

誰が何の理由で集まったのか?

ブログを読み返した。2007年4月30日の自分のブログに書いてあったことを、2度読み返してみた。今見ても、なんとなく納得する。1社目、2社目、そして現在3社目。この3社と、会社の継続性について、割と単純に、自分が知っている会社の流れを書いた。
文章の最後に、雇用者と被雇用者のことが書いてあった。今読んでみると、その言葉は予言めいて見えるほどだった。そのとおりになった。
以下、引用部分。
  • 雇われる側と雇う側の論理には、会社が後ろ向きになったときに決定的な差が見えます。前向きなときは、お互いが歩み寄っているようにみえますが、後ろ向きなときにはお互いが別の立場だと思い知らされる。会社とは、経営側が継続性を保つために絶えずリソースの配分に気を配り、リソースはその配分において答えを出して継続性に寄与するってのが会社なんじゃないかなって。

会社というのは、「共同体」という人もいた。ある人は、ピーター・ドラッカーの話を引用していて、そこには会社が誰のものかと言う観点で語ることすら 戒め、「社会へ貢献する集団であるという理解をなぜもてないのか」という言葉を引き合いに出していた。会社はただの仲良しクラブだったり、本当に個人の自 己実現のためであったり。(渡邊さんのブログ

  • 会社は誰のものか、という議論はあまりに稚拙だ。言うならば、『会社は社会のもの』という事を理解する必要がある。

会社には、それぞれの形があり、それぞれ貢献している場所や箇所が違う。本質的に何か、という問いに答えることはできないが、今までの経験の中で一つ言え るのは、「会社とは何か」ということよりも、「誰がそこに集まっているか」ということが重要で、「会社とは何か」という問いに対しての答えに近いのではな いか。会社という器に誰が集まるかという考え方よりも、誰が集まって会社という器を形成したか、ということのほうに目をやるべきだ。何かの目的の下、もし くは何も目的がないが、集まること自体が目的で集まった、その「誰彼」は、要するに経営側・雇用側と同じと理解するのが早いと思う。
集団をつくった「誰彼」の意思は、少なからず経営側に引き継がれることが多い。

誰が何のために作った組織か、ということを理解することで、組織の行く末が見える。集まった「誰彼」は理由はどうあれ、組織を作った。組織の初期は、彼ら が意図しようがしまいが、彼らの状況を織り込んでいるものだ。組織した理由には、多かれ少なかれ、彼らの状況が盛り込まれている。
そして、会社という組織は、意外なほど変わらない。変化することが困難であるという印象がある。だからこそ、「変わらない価値のための変化」ができることがすばらしいのかもしれない、とも思う。
誰が集まり何をしているか。そして、その会社が一番貢献しているのは、何に対してか。

会社、というのは実は、財務報告のように、集団のある一時期を切り出しているだけ、いわば「一時期の状態」を言うだけかもしれない。たまたま、そこにいる 集団を法的に定義し、利益を報告させ、税金を徴収し、雇用を確保させ、社会に貢献させるための「法人」という状態を言うだけなのかもしれない。
投資判断にも使えるかもしれない。その会社は何に対して貢献しているのか。会社の成り立ち、会社の沿革、そこに集まる人たちがなぜそこに集まったのか。そして、今何を考えているか。
そもそも、会社という組織に何を求めているのか。何がしたくて、そこにいるのか。こう思うと、不思議と孤独感を感じる。会社に対して、何を求めていた のか。今は、表面上は会社に安定を求めている。しかし、安定とはなんだろうか。給料が安定し、仕事が安定し・・・。例えば、その会社に勤め続け、同じ事を 続けることを受け入れるということになる。
本当に、それを会社に求めているのか。「今は安定を求めている」というが、その感覚は本当なのだろうか。純粋に、自分の将来をその組織の中で描くことができない。

2007年11月28日

面接

昨日、27日は有給休暇をとって面接と、転職エージェントに会ってきた。午前中、9時半から神谷町にある某外資系インターネット広告 専業の会社の面接。面接は2回に分かれており、1回につき、約1時間の予定。この会社を受験するきっかけとなったのは外資系の転職エージェントからの紹介 だった。「セールス」という職種だけでIT系の企業を何社か挙げてもらって、かまわず書類を送ったという次第。そのうち、何社かは書類が通ったので、面接 に行くことになった。興味がある会社もあれば、大して興味がない会社もあったけれど、「まずはどんな会社かみて見よう・・・」という軽い気持ちと、内定を たくさん取りたいという、よく考えてみれば理にかなわない希望から、とりあえず面接をうけることになった。

場所は神谷町の駅から少し歩いた、大き なビル。有名なビルだから言えばビルの名前も会社の名前もわかると思う。ビルは大きくて、エレベータに乗るには守衛が立っている自動ドアをくぐる必要がある。IDが必要で、IDが無い人物は個人を証明できる免許書などの提示が必要。そこにいるのは、可処分所得の多そうな人たち。着ている物も身に着けているものも、安っぽくは無く、かっこつけている。男性のバックは「TUMI」を持っている人が多いような、そんな感じだった。なんとなく「この会社で働くことになったら、こういう 人たちと一緒に働くのかな・・・」と思ったりした。私は今まで大きなビルの中で働いた経験があまりないので、こういう雰囲気に少し憧れがある。なんとなく、勝ち組サラリーマンのようなイメージ。ロビーに有名なコーヒーショップが入っていたり すると、なんとなく、「あぁ、ここのコーヒーを飲みながら、仕事すんのかな・・・」とか、勝手に考えたりしていた。その妄想は、それはそれで気持ちのいいものである。しかし、なぜかその環境をどこかで毛嫌いしている自分がいるのも確かだ。そんなことを考えながら、受付に向かった。

受付を済ませると、1回目の面接が始まる。技術者っぽい面接官が一人入ってきた。表情は硬く、こちらの目をじっと見ている。こちらの自己PRなどを話してみるが、なかなか打ち解けない様子。話を20分位した後だったろうか、「営業はどこでも同じだと思いますよ」という話になったあたりから、私の持論に少し合点がいった様子で目つきを和らげ、話も滑らかになっていった。面接官の持論もご披露いただき、話も軌道に乗ってきた。しかし、職種が明らかに違うことを最後まで心配しており、「・・・と、まぁ、このような仕事のスタイルですので、今までとは全然違うと思います。大丈夫ですか?」と何度か聞かれた。私は、話がノッてきたこともあり、「もちろん大丈夫です。」と切り出した後、「仕事をやるのはどこでも一緒ですから・・・」的な話をした。とはいえ、たいした印象はの越せなかった様子だった。話は乗ってきたが、明らかに未経験であり、熱意というより「やることは一緒だからできますよ」というような話し振りを繰り返していたので、後で考えてみると評価されたとは思えなかった。

2回目は同じ部屋で、行われた。1回目の面接官が部屋をあとにすると、2~3分で次の面接官が入ってきた。年は私より1個~2個上か、同じくらいだろう。顔が小さく、髪の毛は短く刈り上げられ、ソフトモヒカン調だった。細い赤いラインが入った、襟のきちっと立ったボタンダウンにアーガイルの薄手のニットを着ていた。雰囲気はいかにも、外資系にありがちな「自由な仕事環境」を体現してるような感じ。一人目の面接官と同じように、部屋に入ってくると、こちらの目をじろっと見る。そしてエージェント経由で渡された履歴書に目を通し始めた。恐らく、事前に細かくは見てなかったのだろう。エージェント経由の英語で書かれた履歴書に目を落としながら、私に質問をし始めた。未経験であることや、今までの仕事について、また転職をするきっかけ・・・などなど。私の履歴に合点がいかない様子で、質問を投げてくる。この面接官は、一人目と雰囲気がちがっていた。「人」を見ていた。もしかすると、未経験であることだけは事前に履歴書で知っていたのかもしれない。であれば、経歴よりも熱意を試す以外、話す意味は無い、という判断があったのかもしれない。彼は、私に熱意を伝えてほしい、といった。「なにがしたいか」をいえ、と。私は、既に、居心地も悪くなってきたことや、自分が「本当にここに入りたいのかを試されている・・・のか?」という疑問でいっぱいになりつつあることを感じていたので、嘘でもはっきり言えなかった。面接官は「何でも良いから、熱意を示してくれたらいいんだけれど・・・」と話すと、自分がネット業界に関わるきっかけとなった面接の話を始めた。そこでも、彼が話していたのは、「熱意があったから、この業界に入ることができた。そういう人たちと働きたい」ということだった。彼は私に熱意、志、そういうものが無いことを理解した様子だった。そして、今後、一緒に仕事はしないだろう、という予想から、私への忠告も含めて、個人的な話をしはじめたのだと思う。

面接が終わると、面接官は一緒に退出しましょう、と言った。部屋をでると、事務所の裏口に案内され、そこで挨拶を済ませた。エレベータホールまでの見送りは無く、一人でエレベータで1階へ下った。守衛の会釈になぜか反応して、ビルの外へ出た。外は曇っていて、寒かった。コートが無いと歩けない季節になってきたな・・・と感じた。神谷町には外資系企業がたくさん集まっていて、歩いている人の姿も独特な雰囲気を持っていた。所得が高そうなのが一見してわかる人や、仕事に没頭している人、自信に満ちていることをアピールできている人・・・。エレベータですれ違った、その会社の社員は、みな私服で自由な雰囲気だったが、顔つきは真剣で急いでいた。課題に集中し、仕事に没頭している雰囲気だった。なぜか、ビルを後にした後、恥ずかしかったのだ。彼らの仕事がどうあれ、なんであれ、私は彼らのうち2名と少ない時間会話し、エレベータで数人とすれ違っただけだったが、熱意を感じることはできた。きっと面接官には、私が非常に消極的に写っただろう。志向性の無い、ただのツマらない「典型的な日本のサラリーマン」に写ったかもしれない。きっと、彼らは「そうはなるまい」、と思って、志をもっているのだ。
そういう雰囲気を感じて、私は面接を終えた。私は、この分野に全くといって良いほど興味が無いのを感じているにもかかわらず、面接にいったのだ。学んだのは、私が自分の志向性を理解していない状況だった。内定を取るための面接にどれほどの意味があるだろうか。内定が降りたとして、入社するのか?絶対無いだろう。もしかしたら、今の会社に残るという決断をするかもしれない。何がしたいのか、理解していないと、恥かしい事を経験して、つまらないことで思い悩む。
ヘッセの小説、「シッダールタ」の言葉を思い出した。「自分は石が水面から川底に落ちるように、最短距離で目的に達する」と。