2007年3月25日

MRI | MRI TODAY | 「子どもの居場所づくり」に見たもの

気になったのは、
行政は実務者や有識者の意見をよく聞く。しかし、実務者や有識者は利用者(当事者)ではない。利用する人の気持ちは利用者にしかわからない。行政は、利用者(当事者)の視点の重要性を再認識すべきだ。

という部分。情報収集、要件分析、そういうものは、現場や実際に使っている人から、それを行う人たち(行政など)が直接、集約して、分析できるノウハウなどがないといけないってこと。そんな感じがします。
「やって欲しい人」と「やる人」の垣根がどんどん低くなり、「中抜き」が進んでいくのかな。

MRI | MRI TODAY | 「子どもの居場所づくり」に見たもの

0 件のコメント: